2014年12月30日火曜日

クヨ活


「クヨ活」は「供養活動」の略で、手帳やぬいぐるみ、古いケータイやスマホ、メガネなどなど、今まで大切に使っていたモノに「ありがとう」という気持ちを振り向ける活動だとか。

仏様のもとでいったんリセット。区切りをつけ、供養し、感謝の気持ちとともに次につないでいく活動なんだそう。


そんな話をJ-Waveで聞き、いま、ブログを書いているのは、ある意味、経験のクヨ活なのかも?!って、思ったりした。

で、「思い出 供養 活動」で検索してみたら、はてなが "Quyo" という、捨ててしまったモノの思い出をつづって共有するサービスを公開!なんて記事も出てきた。


思い出を供養しつつ、次につなげていきたいな、と思う年の瀬。だからどーした?って話もあるけど(^_-)読んでいただいているみなさま、ありがとうございます。来年もちょいちょい書いていくので、よろしくお願いいたします。

!それでは、ちょいと早めですが、よいお年を!
 


2014年12月23日火曜日

Yさんのこと(後編)

「Yさんが自殺したよ」

いつも淡々と話すその人は、その時も淡々と言った。

「亡くなったの?」

「ああ」

例えば地球に巨大隕石が衝突し、7人だけが生き残るとしたら、Yさんはその7人に必ず入るタイプだと思っていた。仮に何かの間違いで自殺したとしても、途中で木に引っかかったりして、生き延びるタイプだと、何の疑いもなく信じていた。

彼の自殺を教えてくれた人は、予測される原因を少しだけ話した。それにしたって。

いつもテキトーなことばっかり。そんな彼が、真顔で話をしたことを2回覚えている。1回はあたしの数字が上がっていなかったとき、調子はどう?と誰かに訊かれ、グッと詰まったとき。珍しく真剣な表情で言った。

「そういうときは、間に受けなくていいんだよ。ぼちぼちって言っときゃいいんだ」

もう1回は、何かの拍子に彼が「お前は客に信頼されてるな」と、ふっとつぶやくように言ったこと。

人間はわからない。本当の気持ちもわからない。彼が飛び降りたという、ターミナル駅のデパートの屋上は、埼京線のホームに立つと見える。

その建物を見上げたり、その景色を思い出しながら、こうやって書いていても涙が出るのはなぜだろう。

今でもどこかで大風呂敷を広げて、ニヤッと笑ったり、妙に生真面目な顔をしながら、いい加減なコトを並べて、トーク炸裂してる彼がいるような気がする。いてくれればいいのに、って思う。

2014年12月16日火曜日

Yさんのこと(前編)

とあるアウトソーシングプロジェクト。様々な過去を持つ人々が臨時雇用され(95%が男性)、目標数字を与えられる。1か月ごとの数字を達成しなければ、さようなら。

カオスなのに、至ってお気楽、能天気、明るい人が多い。

「失業者の集団なのに、悲壮感がない」と冷静にコメントした人がいたけど、言い得て妙。

今ほど法律が整備されていなかったので、明日から来なくていい!的なことを言われ、労働基準局に駆け込んだ人も。

「カラアゲ」と言われる架空受注、多種多様な工夫をする人もたくさんいた。昔のこととはいえ、ちょっと書けないようなことばかり。

そんな中で、彼の「工夫」は、どこかかわいく、昭和で、憎めないところがあった。

ネコの名前で大量の申し込みを計上、無料期間が終わる前に全解約して、一言。

「だってウチのネコたちじゃ、使えないもん」

交通費は、定期を持っている区間を各駅停車で降り、営業したことにして、毎日、全額請求していた。

ま、当時、小粒にしたって、似たようなことをしていた人は多かった。それが通っちゃうような時代だったのね。ただ彼みたいにアッケラカンと、大胆に、堂々とは、なかなかできない。

でもそんな時代は長くは続かず、ある日彼は、消えた。

どこどこで仕事している、どこどこで見かけた。いろんな噂を耳にした。彼を知る人は、あたしも含め、人懐っこさとワルが入り混じった独特のキャラを思い出して、懐かしんでいたんじゃないかと思う。

そして長い時間が流れたある日...。

(後編に続く)

 「・・・」(ミッケ)

2014年12月9日火曜日

30本の手で引っ張られるようなキョーレツな眠気


ある朝、個人宅受注を目指し住宅街に向かう電車に乗ると、目の前に同僚が。喋らないのも気まずいので、訊いてみた。

「どちらに行かれるんですか?」

「家に帰るんです」

いったん出社し、朝礼後「行ってきます!」と外回りに出掛けるかのように飛び出し、家に帰るってパターン。

言わなきゃいいのに。
正直なのか、観念したのか、どうでもいいと思ったのか、もうすでに辞める気だったのか。

いにしえ営業マンの客先以外の行き先ベスト3は、パチンコ、散髪、ポルノ映画(もうポルノ映画館は壊滅状態だけど)。面と向かって言わないにしても、家に帰ってた人はけっこういた。定期があれば、お金もかからないし、ゆっくり寝られる。

でも、ウチに帰るって、もっともクリエイティビティがないサボり方じゃないかと思う。社会とつながってないから、ネタも生まれないし。

しかし、ある日の昼食後、沼から出て来た30本の手で引っ張られるようなキョーレツな眠気に襲われた。アポもなかったので、家に帰ることに。

午睡を終え、夕礼に間に合うように帰社しようと近所の駅に向かっていたら、同じチームの男のコが真正面から歩いてきた。

ああ、やっぱり神様は見てるんだにゃ〜と、確信するの巻。仕事してたような顔をして、余裕満々で微笑んだつもりだったけど、バレバレでしょう。消せないまったり感が、全身にまとわりついていたはず。

大アクビしたら、思わず顔がなくなっちゃいました。我ながら、牙が鋭いにゃ~(ミッケ)

2014年12月2日火曜日

!怒りがどうにも止まらない!

「まずお客様の話を聴きましょう。人は話すことで、落ち着きを取り戻します」
と、クレーム処理のマニュアル等には、たいていこんなコトが書いてある。

相手が怒っていなくても、やっぱりコミュニケーションの入り口は、話を聴くところから始まるんだろう。

例えば飛び込みで訪問したときや、見ず知らずの会社に電話するとき、警戒感剥き出しのお相手の話を聴く。少しずつ、だんだん表情が緩みんでいくのを目の当たりにするのは、大きな愉しみ+悦びのひとつ。

仕事とはいえ、いきなり踏み込んでいくのだから、せめて会っている間は、先方にとっても、少しでもいい時間にしたいと思う。

ある日、外国人にも大人気の下町観光地で飛び込んだときのこと。担当者をお願いすると、現れた女性はすでに怒っていた。

繰り返し、様々な営業マンがやってくる。何度も申し込んだが、何も変わらず、また別の人が来ては同じ話をすると言う。

「いったい何なの!!!」

話せば気持ちは落ち着くどころか、話せば話すほど、以前訪れた営業マン達のトークや立ち振る舞いが蘇ってくるらしく、怒りは増長していった。

こんなに怒りが持続する光景を見たのは、ベネズエラの銀行で長時間延々待たされた時以来だ。前に並んでいた女性は、赤の他人なのに血圧が心配になるほど、怒髪天を衝くかのように怒っていたっけ。

言いたいきとはハッキリ言う下町気質は、ラテン系と共通項があるかも?! 修復不能な状況で、そんなことがふっと頭をよぎった。

クレームは大きく分けて、3種類。

まず話をして納得すればファンになってくれるタイプ。次に言いたいことを言って、スッキリするタイプ。最後はクレームをつけることに生きるクレイマータイプ。

そしてこの時、言いたいことを言ってもスッキリしないどころか、ますますヒートアップする人もいることを学んだのでした。


はじめまして、もんただよ。ミッケママの実家で、庭ネコ兼番ネコやってます。あやしいやつには威嚇するのにゃ~!

2014年11月25日火曜日

ウソも方便と言うけれど

昔々、ヨーロッパに半年滞在し、日本に戻る帰り道、韓国に寄った。ひさびさのアジア。アタマの中は「焼肉、白いゴハン、焼肉、白いゴハン...」でいっぱい。

ホテルに到着すると、シャワーもそこそこに、焼肉を求め夜の街へ飛び出した。吟味する余裕はなく、とりあえず裏通りの居酒屋風焼肉屋へ。

好奇心に満ちたサラリーマンの目、目、目。当時の韓国では、女性が一人で飲みに行くなんて、はしたないことだったらしい。

しかし焼肉食べたいという煩悩は、すべてを上回った。

眞露と豚焼肉で幸せに浸っていると、若いサラリーマンに話しかけられた。

日本に留学していた彼、曙橋のとある持ち帰り寿司店でバイトしていたという。一気に親近感が湧き上がり、彼が通訳となって、しばし盛り上がった。隣りには、ほろ酔い気分の彼の上司。

上司に年齢を訊かれたので、5歳ほどサバを読んで答えた。ヨーロッパでは日本人は若く見られるので、すっかり習慣になってたあたし。

「・°°・°°・。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌」

彼が韓国語で伝えると、気持ちよさそうに酔っ払い、赤い顔をした上司が、ニコニコしながら何か言った。困惑の表情を浮かべる彼。訳そうとしない。

「ねえ、何て言ったの?」

「うーーーん、えーーーっと、あなたは実際には今言った年より5歳位年上に見えるけれど、とても健康そうだって、言ってる」

ヨーロッパではごまかせたが、アジアでは、ほろ酔いのオジサンにニコニコ見抜かれた。

営業しているときも、状況によっては、本当じゃないコトを言うことがある。

ただ、ちゃーんと状況をよく吟味しないと、コケる。ただの胡散臭いヤツになることも。その瞬間の空気、言った後どうなるか、誰も傷つかず、深刻な事態を引き起こすこともない、そんなセンスのあるウソをつきたいもんだにゃ。

全然関係ないけど、実はあたしラッコだったんでしゅ。ピント外れでゴメンなさい。ママに腕を上げるよう言っときます(ミッケ)


2014年11月18日火曜日

テレアポ 変化球

仕事で電話かけるのが大好き。
プライベートだと遠慮もあるけど、仕事だと心置きなくいろーんなコトを突っこめる。

時には探偵さんのように。

工夫する愉しみ。どう訊けば、どう言えば、気持ちよく話してくれるのか、ああでもない、こうでもないって、考えるのが好き。

電話を切った後、爽快感とまではいかなくても、なるべく先方が気持ちよくいられるように。

最近の若い世代は、会社にかかってきた電話に出たがらない傾向があるとか。誰からの電話かわからないと不安なケータイ世代。

ましてや、いきなり見ず知らずの会社に電話かけるなんて、考えられないらしい。いずれ、テレアポって死語になるかも。

電話のいいところ。
語感、間、温度感、相手の気持ちを想像する「のりしろ」があること。

相手の言うことを聴いて質問して、会話を展開したり、意外な情報をキャッチできること。

ちょっとした確認なら、メールのやり取りより時間が短くて済むこと。

でも、こっちがせっせと情報収集してるつもりでいたら、相手に分析されていたことも。

その人は会社経営。どうやら左ウチワらしく、あちこちからかかってくる電話に出ちゃあ、ちょいちょい喋り、世の中の傾向をリサーチしているよう。フレンドリーで、適度に礼儀正しい。

3分ほど話したとき、「◯◯歳くらいでしょ」と、突然振ってきた。それがもうピッタリ(^^;;

おーっと、いきなりの変化球! 思わず、後逸。

目にも止まらぬ速さで動くネコジャラシ。思わずヒゲの付け根が膨らんじゃったでしゅ(ミッケ)

2014年11月11日火曜日

関西テレアポ 感じた文化の違い5つ

今回は関西にテレアポしていて、文化の違いを感じたコト5つ。

まず一つめは「あいみつ取ってます」と忌憚なく、あっさりハッキリ言うこと。東京人はええかっこしい、スカしているので「検討中」とか言って濁します。

二つめは、さらっとうれしそうに値引き話をすること。「その分はオプション料金がかかりますが」「そこんとこは、販社に値引きさせようと思ってるんや、ウッシッシ」。確かにその人は「ウッシッシ」と笑い、つられてあたしももらい笑い。

三つめは、ざっくばらん。「では今、この電話でネットでの手続き変更方法をご案内しましょうか」「ねえさんも、ヒマやな」「ヒマなのは、あんたでしょ?」と思わず対同僚のように突っ込みたくなる軽快なフリ。

四つめは、東京ではクレーム的な言い回しもお決まりのジャブ、必ずしも正面から受け止めなくてもいいこと。例えば契約更新時、契約するんだからヒトコト言わせて、くらいの感覚なのね。

例えば「では、ログに残させていただきます」と言ったとする。
関西「ああ、書いといて」「上に言うといて」
東京「いえいえ、書かなくていいです、いいです」という反応が返って来がちな傾向。

五つめ、クスッと笑っちゃうような表現、単刀直入な物言い遭遇する確率が高い(データ取ったわけじゃないけど)
「この件、何かご存知ですか?」
「実は情報をつかんでおりまして」
(スパイ映画かい?とツッコミたくなるような、なめらかな低音ボイス)
あとちょいと間違えたコト言ったら「ウソや!」って言われたことあります。ま、実際間違ったコトをお伝えしたので、ウソだったんですけど(^^;;

さっすがボケツッコミの文化!次はどんな人が登場するだろう? このドキドキ感は、対東京では味わえまへん。

関西パワーに脱帽(お手上げ)だにゃ〜=^^= (ミッケ)



2014年11月4日火曜日

テレアポ(関西篇)


ほとんどブログ版大食い日記になってきたので、このあたりでテレアポの話。
なぜかご縁があり、関西に電話することが多い。

ある期末のこと、発注の記録はあるが、受注が確認できない案件があり、販社に電話した。

一聴、バリバリな関西のおばちゃん応答。

担当の△△さんは外出中だと言う。でも、営業担当は大抵外出中なもの。ここからが始まりなのにゃ。

発注したとお客様は言っているが、受注が確認できない、洩れを防ぎたい、不備があった可能性もある、期末なので早急に確認して処理したい、と熱めに語ると、食いついてくれた。

メールアドレスの記入洩れがあり、△△さん宛に問い合わせの電話があったという。

「わたしが対応したわけではないけれど」と前置きしつつ、隣りで「すべてを聞いていた」と、おばちゃん断言。

記入洩れメールアドレスを、△△さんが電話でどのように伝えていたか、溢れる臨場感とともに、まるで実況中継のように、語ってくれた。

関西の会社に限らず、初めましての人に電話で確認するときは、早いタイミングで戦友的感覚を共有することがポイントじゃないかと思う。

せっかくの受注、洩れがあったら彼女とお客様の信頼関係にも大きな影響が出る。こちらが確認したいから、ではなく、「私たちの問題なんです!」という意識を持ってもらえると、話がトントン進んでいく。

関西のおばちゃんたちは、パパッと見極める鋭い第六感で、こちらの出方をよ〜く見てる。そのあたりのチェックは、やっぱり東京人よりキビシイような気がする。

あたしもチェックは怠らないのにゃ(ミッケ)

2014年10月29日水曜日

おいしいランチは、どこにある?



それはもう、路地!
例えば、溜池山王。駅近、ランチタイムには行列ができる、とあるお店。ネットでの評判も悪くないから行ってみたけど、ワンプレートのランチ食べてるときから、すでにお金払いたくないモード。

量は少なく、おいしいわけでもなく、接客もごく普通で、1000円超。ま、内装はオシャレで、店員さんは比較的イケメンが多かったけど。

で、お気に入りエリアは、六本木通りを挟んでANAインターコンチの向かい側。ちょいと駅から歩くこともあって、切磋琢磨、個性的なお店が多い印象。

坂道に沿って続く昔ながらの町並み、その向こうに高層マンションが見えたりして、路地好きにはたまらにゃい。

なかでも"Bistro le chat noir"は、ネコ好きママのキャラが大好き、お気に入りのお店。パリの香りにキュンキュンし、ネコ話で和み、しかも大盛り無料(^^)v

メニューは、こちら。お散歩しながら、ぜひ! http://lechatnoir.blog.jp

2014年10月21日火曜日

ランチ


見知らぬ土地で、おいしいランチのお店を見つける喜びを知ったのは、約3か月働いたノンバンクのローンカード営業。
 
小さい会社の経営者に「カードを作りませんか」と営業する。もちろんカードは無料で作れるけど、経営が厳しいのならお金貸しますよ!って話なので、嫌がる人が多く、アポも取れないので、全部飛び込み。

で、考えた。「ランチを食べれば、話しやすくなるだろう」。

予想通り、ランチを食べたお店では、ほぼほぼ話を聞いてくれるようになった(^^♪
糀谷のお店では、おもてなし。梨を出してくれたなぁ。この季節、秋になると思い出します。

その後もいろいろな営業をしつつ、さまざまなお店でランチした。出会い感と野生の勘を大切にしたいので、基本、ネットで下調べはしないんでしゅ。

上の写真は、最近の大ヒット!「こくりこ」の鶏重。そぼろってこんなにおいしいんだって、生まれて初めて気づいた。生粋のセレブが数多く生息する溜池山王に 於いて、税込1000円はリーズナブル、しかも大盛無料(^^)v 

次回は、おいしいランチの見つけ方です。
 
食べるべきか、食べざるべきか、それが問題だにゃ。
って、結局、いつも食べてるじゃん(ミッケ)




2014年10月14日火曜日

銭湯


ババンババンバンバン♪ 銭湯気分(やらされ感満載)のミッケ。
熱出して寝込んでいるように見える?  寝ぼけてるだけでしゅ。
ある日、台東区のリストが配布された。台東区といっても、秋葉原や上野ではなく、日本堤。かつて遊郭吉原があったところ。山谷もここにある。社内営業してないと、こういうエリアのリストがまわってくるのね。

ま、比較的なんでもいいほうに考えるタイプなので、この際、ディープな東京トリップに出かける気分で、現場到着。すっかりその気になってしまい、2〜3件訪問したら、もう旅行気分。有名な天麩羅の老舗「土手の伊勢屋」も歩いていて見つけた。強烈な存在感、戦前の日本家屋。しかし、お昼はとっくに過ぎていた。

それ以外は、何時間も歩いて、何を見たんだか、あまり記憶に残っていない。覚えているのは、夕方になり、ベローチェもドトールも ないので、公園の、かなりキワドイお手洗いに行ったこと。スレ違ったオジサンが♪オイラはドラマー、ヤクザなドラマーと「嵐を呼ぶ男」を歌いながら遠ざかっていったこと。

そしてもう一つは、夕闇にぼぉーっと浮かんだアールデコ風の銭湯。その名も「廿世紀浴場」(にじっせいきよくじょう)戦前の上海みたいな、魅惑の和洋折衷建築。中をチラッと覗くと、あぁ、スペインチックなタイル!

午後のほとんど散歩して、風呂にまで入るってのは、いかがなものか。ここがあたしのちっちゃいところ。真剣に悩み、今度、土手の伊勢屋とセットで来ることにした。

しかし今度は来なかった。「廿世紀浴場」は2007年に廃業、建物は取り壊されたそうだ。
在りし日の廿世紀浴場(Wikipediaより)

今でも、年に何回か思い出す。あの時、入っておけばよかった。そういえば、土手の伊勢屋も、まだ未踏。「また今度」はないっていうお話でした。

2014年10月7日火曜日

カラオケボックス


デパートのエスカレーターの近くの休憩スペースや公園で、ほにゃんと座っている男性の営業を見ると、「仲間になりたくない」って思う。売れてない感が、カラダ全体からにじみ出ている。

外回りをしていたら、魂が抜けそうになることがたくさんある。でも、ええかっこしいなので、その姿を人に、特に知ってる人には、絶対見られたくない。

そんなときに、よくお世話になったのが、カラオケボックス。

新装開店♪

<新装開店>
ラジオもテレビも番組再編するこの季節、ブログもリニューアルしてみました。
毎週火曜日更新です。
ちょいと切り口を変えてみました。今回から、ネコのミッケも、登場!
 
ミッケより〜ブログデビューだにゃんこ=^^=
 
 

2014年9月2日火曜日

テレアポと飛び込み営業の旅

前回はテレアポで「電話かけてくるんじゃねぇ!」と怒鳴られたお客様に飛び込み訪問したら、気骨ある社長に大歓迎?していただいた話を書きました。

さて、ある日のこと、いつものようにテレアポしてたら、根拠も示さずキッパリ断られた。

「親会社の指示で変えられない」

「N◯◯でなければ、どこの電話会社でもいい」

「古い付き合いの代理店がある。御社が提示した金額より、必ず安い金額を出してくるよ」

なんてステレオタイプな理由から、初めて電話かけてきた人にそんなコトまで喋っちゃっていいの?っていうような社内事情まで、変えない理由を聞き出せれば、よっぽどの大案件でなければ、訪問の優先順位は低くなる。行っても同じ答えが返ってくることが多いから。

実は成果より、社内事情を教えてもらうことに、エクスタシーを感じるときがある。
 

2014年8月12日火曜日

電話かけてくるんじゃねえ!


テレアポで、どう言えばすんなり会話を始められるか? 突っ込んでも相手が思わず答えちゃうような流れを作るには、どんな言葉を使えばいいのか? 声の高低、話すスピード、エトセトラ、エトセトラ。

そういうコトを、あーでもない、こーでもないと、あれこれ考えるのが大好き。なので、比較的、断られないほう。

「電話かけて来るんじゃねえ!」なんて言われたことはほぼなく、後にも先にも、多分、このときだけ。ここで諦めるのは、どうしてもイヤ。火がつきました。

で、飛び込みで訪問してみることにした。場所は忘れたけど、下町風情、社長が一人で切り盛りしている町工場。
 

2014年8月2日土曜日

飛び込んだら、旭日旗

「今どき、飛び込みなんて存在するの?」

初めて飛び込み営業を経験したのは2000年代初頭。かなり遅いデビューだったけれど、当時ですら、飛び込み営業はすでに過去の手法。ま、泥臭い通信系とか、複合機系は今でもやってます。

まさに泥臭い通信系の営業でした。固定電話通話料金割引サービス、マイライン(すでに死語)が登場し、各社顧客取り込み合戦華やかなりし時代のお話。

2014年7月11日金曜日

お金は大事だよ〜♪ だけど...

「よーく考えよ〜。お金は大事だよ〜」このコマーシャルが流行っていたころ、社長さんがほぼ一人で切り盛りしている会社に、よく伺っていた。

切り盛りといっても、契約を結んでしまえば後は自然と振り込みがあるような業種だったので、社長さんは大抵会社にいる。なので、もっぱら話を聞きに行くようなもの。

娘さんの旦那さんは商社マンで、ニューヨークやロンドンに駐在歴があるとか、そういうお話。

聞くときは身を入れて聞くし、同じ話も多いので、一時は社長さんのご家族情報は、一通り頭に入っていた。そして、ご自宅のリビングが、いかに素晴らしいかも。

「30畳くらいあるんですよ」

2014年6月29日日曜日

ボランティア~東北へ 2014年6月

「みんな、いなくなっちゃうんだなぁ」

もうすぐ引っ越す と誰かが言うと、今まで楽しそうに笑っていた82歳の男性は、急にしんみり、小さな声でつぶやいた。

心の声を聞いてしまったような、気まずさ。聞こえなかったふりをして、会話を続けてしまった。

訪問した仮設住宅は、閉鎖が決まっているそうだ。跡地の運用方法も、すでに決まっているという。

参加させてもらったのは、被災地で地域密着型のボランティア活動を行っているNPO法人。定期的に仮設住宅を訪問し、一緒にお茶を飲んだり、お話を聴いたり、手芸やカラオケを楽しんだり。震災直後から、現地で地道に、脈々と、活動を続けている。

仮設住宅訪問から戻り、銭湯に行った風呂上がり、番台の女性と世間話をしていたら、震災の話に。30分以上も。彼女は、何度も何度も繰り返した。

2014年6月26日木曜日

外人モデル@コンビニのレジ

一番印象深い仕事は、外国人モデルのマネージャー。 
この仕事がキッカケで、ラテン系ともご縁ができた。

外国人モデルのマネージャーとは、モデルたちをオーディションに連れていき、売り込む、営業兼通訳みたいなもの。

モデルというと、ワガママ、気位が高い、エキセントリック、そんなイメージがあるかも。ま、確かにそういうコもいたけど、案外フツーの感覚を持っているコも多い。とはいえ、こんな変わり種も。

「ビックリした〜! コンビニに行ったら、Aがレジに立ってた」。
ある日、売れっ子モデルのCが事務所に来て、無邪気に報告した。

「働いてたの?」

2014年6月16日月曜日

はじめに

ある日、派遣会社の登録に行くと「ストレス度チェック」があった。

「よく眠れないことがある」「未来は明るいと思う」など、15問程度の質問に答えると(SPIではないので)判定は次のページに書いてある。

 「世の中を舐めてはいけません。