2014年8月12日火曜日

電話かけてくるんじゃねえ!


テレアポで、どう言えばすんなり会話を始められるか? 突っ込んでも相手が思わず答えちゃうような流れを作るには、どんな言葉を使えばいいのか? 声の高低、話すスピード、エトセトラ、エトセトラ。

そういうコトを、あーでもない、こーでもないと、あれこれ考えるのが大好き。なので、比較的、断られないほう。

「電話かけて来るんじゃねえ!」なんて言われたことはほぼなく、後にも先にも、多分、このときだけ。ここで諦めるのは、どうしてもイヤ。火がつきました。

で、飛び込みで訪問してみることにした。場所は忘れたけど、下町風情、社長が一人で切り盛りしている町工場。
 

2014年8月2日土曜日

飛び込んだら、旭日旗

「今どき、飛び込みなんて存在するの?」

初めて飛び込み営業を経験したのは2000年代初頭。かなり遅いデビューだったけれど、当時ですら、飛び込み営業はすでに過去の手法。ま、泥臭い通信系とか、複合機系は今でもやってます。

まさに泥臭い通信系の営業でした。固定電話通話料金割引サービス、マイライン(すでに死語)が登場し、各社顧客取り込み合戦華やかなりし時代のお話。