2014年11月25日火曜日

ウソも方便と言うけれど

昔々、ヨーロッパに半年滞在し、日本に戻る帰り道、韓国に寄った。ひさびさのアジア。アタマの中は「焼肉、白いゴハン、焼肉、白いゴハン...」でいっぱい。

ホテルに到着すると、シャワーもそこそこに、焼肉を求め夜の街へ飛び出した。吟味する余裕はなく、とりあえず裏通りの居酒屋風焼肉屋へ。

好奇心に満ちたサラリーマンの目、目、目。当時の韓国では、女性が一人で飲みに行くなんて、はしたないことだったらしい。

しかし焼肉食べたいという煩悩は、すべてを上回った。

眞露と豚焼肉で幸せに浸っていると、若いサラリーマンに話しかけられた。

日本に留学していた彼、曙橋のとある持ち帰り寿司店でバイトしていたという。一気に親近感が湧き上がり、彼が通訳となって、しばし盛り上がった。隣りには、ほろ酔い気分の彼の上司。

上司に年齢を訊かれたので、5歳ほどサバを読んで答えた。ヨーロッパでは日本人は若く見られるので、すっかり習慣になってたあたし。

「・°°・°°・。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌」

彼が韓国語で伝えると、気持ちよさそうに酔っ払い、赤い顔をした上司が、ニコニコしながら何か言った。困惑の表情を浮かべる彼。訳そうとしない。

「ねえ、何て言ったの?」

「うーーーん、えーーーっと、あなたは実際には今言った年より5歳位年上に見えるけれど、とても健康そうだって、言ってる」

ヨーロッパではごまかせたが、アジアでは、ほろ酔いのオジサンにニコニコ見抜かれた。

営業しているときも、状況によっては、本当じゃないコトを言うことがある。

ただ、ちゃーんと状況をよく吟味しないと、コケる。ただの胡散臭いヤツになることも。その瞬間の空気、言った後どうなるか、誰も傷つかず、深刻な事態を引き起こすこともない、そんなセンスのあるウソをつきたいもんだにゃ。

全然関係ないけど、実はあたしラッコだったんでしゅ。ピント外れでゴメンなさい。ママに腕を上げるよう言っときます(ミッケ)


2014年11月18日火曜日

テレアポ 変化球

仕事で電話かけるのが大好き。
プライベートだと遠慮もあるけど、仕事だと心置きなくいろーんなコトを突っこめる。

時には探偵さんのように。

工夫する愉しみ。どう訊けば、どう言えば、気持ちよく話してくれるのか、ああでもない、こうでもないって、考えるのが好き。

電話を切った後、爽快感とまではいかなくても、なるべく先方が気持ちよくいられるように。

最近の若い世代は、会社にかかってきた電話に出たがらない傾向があるとか。誰からの電話かわからないと不安なケータイ世代。

ましてや、いきなり見ず知らずの会社に電話かけるなんて、考えられないらしい。いずれ、テレアポって死語になるかも。

電話のいいところ。
語感、間、温度感、相手の気持ちを想像する「のりしろ」があること。

相手の言うことを聴いて質問して、会話を展開したり、意外な情報をキャッチできること。

ちょっとした確認なら、メールのやり取りより時間が短くて済むこと。

でも、こっちがせっせと情報収集してるつもりでいたら、相手に分析されていたことも。

その人は会社経営。どうやら左ウチワらしく、あちこちからかかってくる電話に出ちゃあ、ちょいちょい喋り、世の中の傾向をリサーチしているよう。フレンドリーで、適度に礼儀正しい。

3分ほど話したとき、「◯◯歳くらいでしょ」と、突然振ってきた。それがもうピッタリ(^^;;

おーっと、いきなりの変化球! 思わず、後逸。

目にも止まらぬ速さで動くネコジャラシ。思わずヒゲの付け根が膨らんじゃったでしゅ(ミッケ)

2014年11月11日火曜日

関西テレアポ 感じた文化の違い5つ

今回は関西にテレアポしていて、文化の違いを感じたコト5つ。

まず一つめは「あいみつ取ってます」と忌憚なく、あっさりハッキリ言うこと。東京人はええかっこしい、スカしているので「検討中」とか言って濁します。

二つめは、さらっとうれしそうに値引き話をすること。「その分はオプション料金がかかりますが」「そこんとこは、販社に値引きさせようと思ってるんや、ウッシッシ」。確かにその人は「ウッシッシ」と笑い、つられてあたしももらい笑い。

三つめは、ざっくばらん。「では今、この電話でネットでの手続き変更方法をご案内しましょうか」「ねえさんも、ヒマやな」「ヒマなのは、あんたでしょ?」と思わず対同僚のように突っ込みたくなる軽快なフリ。

四つめは、東京ではクレーム的な言い回しもお決まりのジャブ、必ずしも正面から受け止めなくてもいいこと。例えば契約更新時、契約するんだからヒトコト言わせて、くらいの感覚なのね。

例えば「では、ログに残させていただきます」と言ったとする。
関西「ああ、書いといて」「上に言うといて」
東京「いえいえ、書かなくていいです、いいです」という反応が返って来がちな傾向。

五つめ、クスッと笑っちゃうような表現、単刀直入な物言い遭遇する確率が高い(データ取ったわけじゃないけど)
「この件、何かご存知ですか?」
「実は情報をつかんでおりまして」
(スパイ映画かい?とツッコミたくなるような、なめらかな低音ボイス)
あとちょいと間違えたコト言ったら「ウソや!」って言われたことあります。ま、実際間違ったコトをお伝えしたので、ウソだったんですけど(^^;;

さっすがボケツッコミの文化!次はどんな人が登場するだろう? このドキドキ感は、対東京では味わえまへん。

関西パワーに脱帽(お手上げ)だにゃ〜=^^= (ミッケ)



2014年11月4日火曜日

テレアポ(関西篇)


ほとんどブログ版大食い日記になってきたので、このあたりでテレアポの話。
なぜかご縁があり、関西に電話することが多い。

ある期末のこと、発注の記録はあるが、受注が確認できない案件があり、販社に電話した。

一聴、バリバリな関西のおばちゃん応答。

担当の△△さんは外出中だと言う。でも、営業担当は大抵外出中なもの。ここからが始まりなのにゃ。

発注したとお客様は言っているが、受注が確認できない、洩れを防ぎたい、不備があった可能性もある、期末なので早急に確認して処理したい、と熱めに語ると、食いついてくれた。

メールアドレスの記入洩れがあり、△△さん宛に問い合わせの電話があったという。

「わたしが対応したわけではないけれど」と前置きしつつ、隣りで「すべてを聞いていた」と、おばちゃん断言。

記入洩れメールアドレスを、△△さんが電話でどのように伝えていたか、溢れる臨場感とともに、まるで実況中継のように、語ってくれた。

関西の会社に限らず、初めましての人に電話で確認するときは、早いタイミングで戦友的感覚を共有することがポイントじゃないかと思う。

せっかくの受注、洩れがあったら彼女とお客様の信頼関係にも大きな影響が出る。こちらが確認したいから、ではなく、「私たちの問題なんです!」という意識を持ってもらえると、話がトントン進んでいく。

関西のおばちゃんたちは、パパッと見極める鋭い第六感で、こちらの出方をよ〜く見てる。そのあたりのチェックは、やっぱり東京人よりキビシイような気がする。

あたしもチェックは怠らないのにゃ(ミッケ)