2015年9月30日水曜日

シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人

シアトルの片田舎在住、92歳と86歳のアラナイ(アラウンド90)超熟女コンビ、シャーリーとヒンダは。「今やらなかったら、死んじゃうじゃない!」を合言葉?に、「スクーター」と呼ぶ電動車椅子に乗り街を闊歩する、好奇心に溢れる行動派。

ふとしたキッカケから、なぜ経済は成長し続けなければいけないのだろう?という素朴な疑問を持った彼女たちは、Googleの検索結果では満足できず、大学の聴講生になったり、経済アナリストやエコロジー経済学者と直接会って、質問を重ねる。そして、ニューヨークのウォール街に乗り込んでいく。そこで、彼女たちを待ち受けていたものは...。

原題は「Two Raging Grannies」。

※Raging Grannies(怒ったおばあちゃん達)というのは、諸問題の抗議活動を平和的に展開している、おばあちゃんだけの国際的な団体で、主人公のシャーリーとヒンダも所属しているとのこと。メンバーになる資格は、1)ユーモアのセンス 2)客観的なモノの見方 3)他人と協力する歩み寄りの心 を持っているコトだとか。

そうだ、そうだ、年を取るにつれて、失っていないか? この3点。と、自問自答。

ツイッターとか見ていると「テーマの掘り下げがない駄作」なんて手厳しい批評もある。それはともかく、歳を取っても好奇心と行動力を失わず、猪突猛進しつつもかわいい❤️彼女たちみたいなおばあちゃんになりたいなぁ、という気持ちは、理屈を超越してあたしの中で膨れ上がったのであった。

※Raging Granniesという団体については、佐竹茉莉子さんの記事(写真)を参考にさせていただきました。

追伸:新幹線の写真は、この映画を上映しているヒューマントラストシネマ有楽町の向かい、Trattoria Coltibuomoのテラスから。暑くもなく、寒くもなく、気持ちよかったにゃ〜。


2015年9月22日火曜日

代々木上原 爆睡するネコ

  爆睡中(^ω^)



  誰か来たにゃ。



  思わず肉球が開いてしまいました。



  せっかくよく寝てたのに〜( ̄^ ̄)ゞ


よ〜く見ないと、どれも同じような写真に見えます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ







2015年9月16日水曜日

ミッケの近況 2015年9月


こんばんにゃ〜😻
最近の*\(^o^)/*といえば、頭を使ってゴハンを要求することを覚えたコトでしゅ。

空になった器にアタマをこすりつけ、何も入っていないコトをアピール! その仕草はどこか哀愁を感じさせるようで、ママはすぐにカリカリを入れてくれます(^^)v 


そして、ある日のこと。黒光りする、かなりデカい、立派な?ゴキブリが天上に近い壁を堂々と歩いているのに、ママはまったく気づいていない。

あたしの聴力はウルトラで、ゴキくんが壁を歩く音だって、聞こえるのにゃ(多少誇張)。

「たべちゃうぞ〜🙀」
と威嚇したら、ゴキくんは靴箱の奥へと逃げ、二度とこの部屋には現れません。よっぽどあたしのコトが、怖かったんだにゃ(エッヘン) (^^)v

それと、こないだ、今のウチに来てから初の毛ゲボをしました。Unchiと一緒に出す派だったんだけど、抜け毛が激しく、思わず。フシギな感覚だったので、訳もなく舐めちゃいました。

なんて、しょーもないコトを書きつつも、あたしはちゃんとわかっているんでしゅ。

公園で暮らしていたあの冬。

大風邪をひいてしまい、もうダメだにゃと思ったとき「この人なら!」と動物の勘が働き「助けて〜」とお願いしたら、暖かい家に連れていってくれて、治療してくれた第二のママのお陰で、平和で安全な今の暮らしがあることを。

今のママに甘えたり、精一杯いいネコでいようと思うのは、感謝の表れなのにゃ。

と言いつつも、禁断の布巾にベタッと座る、網戸爪研ぎ、クローゼットの奥へ潜り込むは、ママが嫌がれば嫌がるほど、やめられまへん。くくっ。それはネコの性なのにゃ。

ところで、こんなあたしのつぶやきを読んでネコと暮らしたくなった方、今の飼いネコのお友達を増やしたい方、ぜひ、ご連絡くださいにゃ。後輩ニャンたちが、待ってましゅ。

幼い命が途絶えてしまったり、保健所の門をくぐるネコたちが、一匹でも少なくなりますように。

絶品!ぽっこりお腹

天敵!掃除機の嵐が始まる予感

2015年9月9日水曜日

辻井伸行くん ライブ!

お父さんと川を散歩してたときにできた、と紹介していた曲は、さらさら流れる川が浮かんでくる。川沿いには緑が溢れ、タンポポが咲いているような。

彼は「川」を見たことがなくても、作った曲は、川のイメージが湧いてくる。今まで経験したことがない感動が押し寄せてくる。

印象に残ったのは、純粋さ。心がキレイなだから、音が澄み切っているんだろうなぁ。それは見なくていいモノゴトを見てないから?

今回はオーケストラとの共演。特に後半、掛け合いする展開にゾクゾク。アドリブじゃないんだろうけど、感情表現が豊か、自由で、伸び伸びしていて、おおらかで、力強い。すごかったなぁ。

すばらしい時間を過ごさせてもらいました。ひさびさのサントリーホールは、喫煙所まで品格に溢れてて、これまた感動。

辻井伸行《自作&クラシック》
オーケストラ・コンサート
2015.8.25


2015年9月1日火曜日

さよなら!ホテルオークラ本館

ついにこの日が来てしまいました。昨日(8/31)で、ホテルオークラ本館が休館。新装オープンは、2019年春の予定。

宿泊してみると、やっぱり部屋は狭いなぁ。バスルームは今どきだけど、ステレオやアラームは、超レトロ。「ジェットストリーム」が似合う(^_-)

荷物を運んでくれたおにいさんが「改装して、オークラの底力を見せてやる!」的な発言をしたのが、印象的だった。

伝統を継承するのは大事。でもこの半世紀の間に、東京のホテルは大進化を遂げている。やっぱり、建て替えは必要だと、泊まって思った。

だけど惜し過ぎる、あのロビー。移築して、昭和モダニズム美術館にできないものかにゃ。