2016年5月27日金曜日

映画「オマールの壁」

パレスチナ自治区。大好きな彼女に会いに行くために、危険を冒し、オマールは、街を隔てそびえ立つ「分離壁」をよじ登る。

そして自由を取り戻すために、仲間たちとある計画を立てる。

彼だけがイスラエル兵殺害容疑で捕えられてしまったが、保釈。「なぜ保釈された?スパイになったのでは?」周りは彼に疑いの目を向ける。彼女との関係もギクシャク。そう、彼はイスラエル秘密警察の拷問を受けていたのだ。みんなどこに向かって行くのか。そして、最後に彼が取った行動とは...。

スタッフはすべてパレスチナ人、撮影もすべてパレスチナで行われ、100%パレスチナ資本で作られた映画だそうです。

占領され続け、その状況がいつ終わるかもわからない街で生きるということ。

やたら高くて、冷たく鈍くヌメッとそびえ立ち、街を分断する「分離壁」という存在。会いたい人と会うにも、その壁を乗り越えなければいけない日常。

実はこの映画を観て、初めて「分離壁」を知った。パレスチナは占領されているだけではなく、こんな壁まで作られていたのか。

若いコたちが自由に恋愛できないだけでなく、行動も制限され、そこに住むパレスチナ人たちは、大人も子供も老人も窒息しそうな閉塞感の中で、尊厳を奪われて生きているのか。

イスラエル兵殺人容疑で取り調べを受けるオマールと、面会する女性弁護士。「占領」が続く限り、希望はないことを悟りきった表情で話す。その淡々とした口調が、絶望を明らかにする。

息が詰まりそうな、こんな映画をなぜ観るのか?

世界で起こっていること知るために?

100%パレスチナ資本で製作されたこの映画では、子供の幼稚園のお迎えをめぐり、奥さんとモメる生身のイスラエル人も描かれる。一人の人間として。

パレスチナ自治区の街並みには、www.◯◯◯.ps といったURLが入った看板が出てきたりする。そんな風景は、日本や世界のいろんな街と変わらない。

そう、パレスチナにもドメイン「.ps」があるんだ。他の国々と同じように。


劇場で見かけた主演のアダム・バクリのサイン入りポスター。
かわいい字で書かれた "I ♡ JAPAN" のメッセージ。映画の内容と、けっこうな落差(^_−)−☆。


映画では、高校球児みたいな髪型だったアダム・バクリ。あら、カッコいい(^ ^)v。

公式サイト







2016年5月26日木曜日

大食い日記 南インド料理の名店!ダバインディア


外観はこんな感じ。最寄り駅は京橋か東京駅。洗練されたオフィス街のど真ん中だが、やや昭和チックな小道にある。

休日のランチミールス。本日のカレー3種類、スープ系カレー2種類(サンバル、ラッサム)、パトゥーラ(揚げパン)、パパド(極薄クラッカー) 、デザート、そしてパパドの下にはライス(長粒米)が隠れていて、1700円。

休日は平日より価格が高いせいか?ゴハンとスープ2種類はお代わりオッケー(^^)v 

ゴハンのお代わりを頼むと、たっぷり持ってきてくれて、「ストップ!」と声をかけるシステム。そして平日のランチミールスにはないデザートが付いてくる。

下の写真は、平日のランチメニュー。



平日はジャポニカ米。ゴハンはお代わりオッケーだけど、スープ系カレーのお代わりはできない。デザートも付かないけど、1250円なのにゃ。

ランチミールスは、いわばフルコース的存在。お皿が並ぶのが好きなので、これはうれしい!

いわゆる一般的なカレー屋のランチとは一線を画している印象。店内は青とタイルを基調としたリゾートっぽい雰囲気。(賛否両論ある食べログだけど)⭐️3.96はダテじゃないことを、実感!

ってなわけで、休日、平日、計2回も行っちゃいました(^_-) やっぱり長粒米のほうが、このお店のカレーには合う印象。

サラッとしてるけど、深〜いコク。人生もこんなカレーみたいでありたい(^_-)



2016年5月20日金曜日

風薫る五月のミッケ

ブログのタイトルになってるわりには、出番が少ないような気がする今日この頃。みなさま、いかがお過ごしですか? 公園生まれなので、正確な日付がわからないけど、たぶん今月がお誕生日のミッケでしゅ。早いものでもう4歳、今のママと暮らして3年になります。


寝ながらのX攻撃。ママが写真を撮ってる間は、動かないように、我慢、我慢。フォトジェニックであるために、けっこう気を遣ってるんでしゅ。

人間界には「春眠暁を覚えず」という言い回しがあるそうでしゅが、今のあたしはまさにそんな感じ。

ピンク色の肉球で悩殺しつつ、薄眼を開けて寝たり...。

招き猫ライクなポーズで寝たり...。

舌をしまい忘れて寝たり...。

オバケのポーズで寝たり...。

牙がはみ出したまま寝たり...。

ん〜、恥ずかしいにゃポーズで寝たり...。

あと、ゴハンタイムで「待て」が出来るようになったのにゃ。前足を揃えてゴハンを待つ姿は、我ながらキュートだったのに、ママが写真撮るのを忘れたのにゃす。ってなわけで、これは次回のお楽しみ〜(^^)/

2016年5月12日木曜日

映画「マジカル・ガール」+ アマゾンプライム会員

Amazonのプライム会員になってから、映画館で映画を観るモチベーションがちょいと落ちた。ハリウッド作品ばっかりかと思ってたら、ミニシアター系の作品もけっこうある。念のため、Amazonプライムは、年3900円の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便がタダで使えるなど特典てんこ盛り。その特典のひとつがプライム・ビデオで、対象の映画やテレビ番組が見放題になる。

そんなとき、Facebookともだちが、スペイン映画の感想を投稿しているのを見かけた。

その名は「マジカル・ガール」。

白血病で余命わずかな娘のため、父は彼女が大好きな日本のアニメの主人公と同じコスチュームを、プレゼントしようと策を練る。しかし失業中で貯金もなく、しかもコスチュームは7000ユーロ(今日のレートで、約86万8000円!!!)。そんなとき、ふとしたキッカケで、精神科医を夫に持つ有閑マダムと知りあう。マダムを脅迫し、お金を手に入れた彼だったが...。

劇場のポスターには、こんなことが書いてある。

『余命わずかな娘と
失業中の父、
心に闇を抱える女と
引退した教師ー。
哀しく交錯する
ふたつの愛が、
運命を狂わせる・・・』


このポスターほどホラーな映画ではないけれど、心の闇は深い。その闇は、誰の心にもあるものなのかも。アッと驚く結末や、不条理が好きな人にオススメ。あまり事前に情報収集せずに、映画館の暗闇で息を呑むのが、いいかも。ちなみにスペイン映画です。

アルモドバル監督が大絶賛したそうだけど、この映画のカルロス・ベルムト監督は1980年生まれ。アルモドバルに影響を受け、日本のアニメに囲まれて育った世代が活躍する時代が、いよいよやって来たことを実感!

そして映画を見終わると、引退した教師役と同じ名前「ダミアン」から、メールが届いていた。ついにホラーかと思ったら、ただの迷惑メールだったけど^_^;

最後にAmazonプライムの話。レンタルビデオの時代、一時期借りまくった。今じゃお店に行かなくても、居ながらにして見放題のサービスが、プライムの他にも Netflix とか Huluとか、盛りだくさん。

プライムのいいところは、Back Ground Movie として流せる贅沢。たとえば90年代の香港映画、ウォン・カーウァイの作品とか。「花様年華」のマギー・チャンとトニー・レオンのなまめかしさにウットリ。

映画館には映画館のよさ。ミッケに遊んで!とせがまれることもなく、観てる途中で忘れてたコトを急に思い出してメモすることもできないし、気になることを検索するわけにもいかない。

現実から完全に離れ、暗闇の中で映画を観るって、つくづく魅力的。次は何を観ようかな。


2016年5月6日金曜日

!体脂肪2.1kg減 筋肉1.7kg増!

去年の食欲の秋、欲望に任せて食べてたら、2kg増えた。

「もう、ここまで来たら(歳も歳だし)食べたいものは食べておけばいいんじゃない?」という意見もあったけど、お正月明け、減量を決意。

ちょうどそんなころ「世界ふしぎ発見!」を観てたら、毎日、ヨーグルト300g+オリゴ糖12g、野菜350gを摂取して、20日間で数キロ落ちた!って実験をやっていた。最近、よく耳にする「腸内フローラ」が作られるんだそう。
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20160109/p_2.html

惹かれたのは、ヨーグルト、オリゴ糖、野菜の規定量を守っていれば、他は何を食べてもいいし、野菜の種類も問わないこと。それならいけそう。

ブロッコリー、ジャガイモなど、重そうな野菜を買ってきて、せっせと炒める。ドカーンと3日分作って、せっせと食べる。胡麻油もオリーブ油も、大さじ1杯で約120kcalあるそうなので、今さらだけど、今どきの焦げつかないフライパンも購入。油は香りづけ程度に。

左が昭和系フライパン。右が現代。

普段ほとんど料理らしいコトはしないので、美味とはほど遠かったけど、おいしいおいしくないにかかわらず、作ったものは残さず食べる。

が、20日間が過ぎても、体重にほとんど変化なし。

ただ、なんとなく腸の調子がいいような感触があって、野生の勘が続けてみたら?って囁くので、継続。

1か月近く経って、重要なコトに気づいた。体重が落ちても、体脂肪率が落ちなかったら無意味。並行して軽めの筋トレはやってたけど、体脂肪量も筋肉量も計ってなかった。

ティップネスには体脂肪計の上位機種的存在 In Body という機械があって、筋肉量、体脂肪量、体脂肪率はもちろん基礎代謝量、ウェストやヒップ、腕や太もものサイズまで、体重計のようなものに乗るだけで、ズバッとプリントアウトしてくれる。

最近、体脂肪量が増加傾向だったので、ついつい縁遠くなってたんだけど、意を決して計り、(モノ持ちがいいので、保管してあった)10年前のデータと比較してみたら、ガビーン!

体重は1.7kgしか増えてないけど、筋肉量が2.1kg減り、体脂肪が3.8kg増えてました。(^^;;(^^;;(^^;;(^^;;(^^;;

ランチはトンカツもブッフェも食べ、ゴハンもお代わりするけれど、夜はひたすら野菜炒めとヨーグルト。炭水化物は極力抑え、食べないか、少なめ。そしたら、エクササイズ後の天ぷらソバは、自然と欲しなくなった。

やっぱり老舗は明治ブルガリアヨーグルト!新興勢力 朝食Bifixもおいしい。半額おはぎも食べられる喜び(^^)

筋トレは、腹筋、背筋、スクワットを10回 X 2セット程度、軽めのメニューをほぼ毎日。あと壁立て伏せを少々。

壁立て伏せは、腕立て伏せを壁に向かってやるイメージ。腕立て伏せだと筋肉モリモリのマッチョのイメージがあるけど、壁立て伏せなら、自分で負荷が調節しやすく、程よくキツくできるのね。二の腕だけじゃなく、バストアップにも効果があるらしい。

そして風薫る5月、ようやく数値が出てきた。

3か月前と比べて、
体脂肪量 2.1kg減
体脂肪率 3.3%減
筋肉量 1.7kg増
ウェスト 2.3cm減
ヒップ 2.4cm減
基礎代謝 1291 → 1330にアップ

In Body で計測し、プリントアウトされた紙を見たときは、思わずニマニマ:)

なんか、深夜の通販番組みたいになってきた(^◇^)

せっかくここまで来たので、10年前の数値に戻すのを目標にもうちょっとがんばってみよう。

10年前の数値まで、
体脂肪量 あと1.7kg減
体脂肪率 あと2.1%減
筋肉量 あと0.4kg増

ま、機械の誤差もあるかもしれないし、乳製品はあんまり摂るとよくないという説もあるし、がんばり過ぎない程度に、3〜4か月をメドに達成できるように。

「もう鍛える時代は終わった」と、特に根拠もなく思ったりして、このところティップネスには行ってても、リラクゼーション中心だった。しかし、加齢とともに、将来的に介護状態にならないためにも^_^; 筋肉はとっても重要なんだそう。免疫力にも関係しているし。さ、改めて筋肉を意識していこう。

◆ミッケのひと言
あたしも減量したほうがいいかにゃ〜。
ま、いいっか、ネコだし。福も招いてるし。