2017年4月8日土曜日

2017 さくら (浅草 千鳥ヶ淵 西国立 近所 国立 中野)

桜が咲くと、写真を撮る。毎年同じような写真になるけど、やっぱり撮る。桜の季節を迎えられたことに、感謝しつつ。今年はひさびさ浅草へ。

お店の正面には、演歌歌手のポスターがズラリ。昭和な風景が残ってて、よかった。

伝法院が期間限定で公開されていることを知り、出陣。「でんぼういん」と読むのね。ずーっと「でんぽういん」だと思ってた(°▽°)

日本家屋は、芸術なのにゃ。

ガラスが微妙に凸凹してて、そういえば昔のガラスは、こんな感じだったっけ。温もりを感じるなぁ。


日本庭園、しだれ桜、スカイツリーがある風景。ちょいと近未来的だったりする。

ありゃりゃ🙀 五重の塔が工事中。

1980年代、大林宣彦監督の「異人たちとの夏」という映画があった。

幼い頃、死に別れた両親と、当時住んでいた浅草で出会った主人公。子供に戻って「異人たち」に甘える主人公を待っていたのは...。

浅草に来ると、この映画の舞台となった路地を探してしまう。



隅田川沿いの桜は、まだ約4分咲きだった(4/2)

↓ここから千鳥ヶ淵。タイミングよく、半蔵門でアポが入って、ラッキー。



↓西国分寺駅

立川病院あたり

↓ウチから自転車で約15分。空き地の桜。都内ロケーションで、知る限り10年近く空き地のまま。普段はまったく通らないので、毎年「今年もまだあるかな」とドキドキしつつ、行ってみる。実際は、もっと幽玄の世界。



追記:国立駅南口の大学通り。ブエノスアイレスの7月9日大通りを彷彿とさせるような広い通りに、雨の中、静かに咲く桜たち。おもむろに宴会やってないのがいいな。(4/9)




↓中野通り桜のトンネルは、もう散り始めてた。行かないで〜🌸


そして中野四季の森公園の桃? 長持ちするせいか、あんまり有り難がられないけど、キレイだったにゃ。





0 件のコメント: